JSTQBテスト技術者[Foundation Level]資格試験対策講座eラーニングコースのご案内

製品やソフトウェアの開発は、今やテストなしには成り立ちません。しかし実際の現場では、企業や組織間で、テストへの取り組み方がばらばらなまま開発が進められていることが多く、テストに対する用語一つ取ってみても共通化が行われていないのが現状です。
JSTQBテスト技術者[Foundation Level]資格試験対策講座eラーニングコースの特徴は、ソフトウェアテストの基本的な手法や技法について、国際的に普及しているISTQBのシラバス(学習計画書)に則り効率的に学習できるものです。
また特徴として、シラバスの内容だけにとどまらず、業界で活躍中のコンサルタントが教育や企業へのコンサルティング支援の実践の場で得た豊富なノウハウを取り込んだものとなっております。 資格取得ばかりでなく、世界的に通用するテスト技術の基本を習得できます。

※本コースは株式会社プロシーズが運営するeラーニングサービス「LearningWare」にて提供されます。

JSTQBとは

資格の運営者はどんな団体?

JSTQBとは、日本におけるソフトウェアテスト技術者資格認定の運営組織で、各国のテスト技術者認定組織が参加しているISTQB(International Software Testing Qualifications Board)の加盟組織として2005年4月に認定されています。
ISTQBの加盟組織の各国団体は資格および教育・訓練組織認証について相互認証を行っており、JSTQBが運営するソフトウェアテスト技術者資格は海外でも有効な資格となっています。

ISTQBはソフトウェアテストの資格認定を行っている国際的な団体です(2009年4月時点で合格者数 115,000を超えました 注:Advance Levelを含め)。ISTQBのシラバスは、世界レベルで通用する体系的にしっかりとまとまった内容となっています。このためソフトウェアテストの基本を身につけるにとどまらず、グローバルな開発の舞台で活躍する機会に向けても有効となる内容です。

資格の内容は?

主にソフトウェアテスティングの手法や技法に関するスキルを問う資格です。スキルといってもレベルによって求められるものが違います。
ISTQBでは、Foundation、Advance、Expert(策定中)の3段階にスキルレベルを分けて資格試験を実施し、所定の点数(非公開)に達した技術者に対し資格認定を行っています。なお、この資格は一旦取得する生涯有効で更新の必要はありません。また、この資格は、ISTQBの加盟組織間で相互認証しているため、世界中で有効です。

何をベースに資格認定試験をしているのか?

各レベルごとに、どのような研修が必要なのかをまとめたシラバスと、レベル共通の用語集が公開されており、これらをベースに試験が実際されています。

誰がシラバスなどを作っているのか?

各国の加盟団体を代表する産学のメンバが集まって策定、改訂されています。各国を代表するソフトウェアテストに造詣が深く、ソフトウェアテストに関する書籍や記事の執筆、シンポジウムなどでの講演、教育や研究、国際標準の策定などに携わる多くの委員が中心となっています。
日本の資格認定団体であるJSTQBでも、産学のメンバが協働してシラバスや用語集の翻訳、試験問題作成がなされています。

この資格の普及度は? 

ソフトウェアテストの国際資格としては最もメジャーなのがISTQBです。
全世界で既に15万人を超える有資格者がおり、国内(Foundation Levelのみ実施)でも3千人超の有資格がいます

どのような試験問題なのか?

Foundation Levelでは4つの選択肢から1問の正解を選択する形式です。全40問を60分以内で解きます。なお、合格率は非公開です。日本では財団法人日本科学技術連盟運営にて年2回試験が実施されて います。(受験料は税込み21,000円)

どうやって学習するのか?

独学でも可能ですが、シラバスでは各国の加盟組織によって認められた研修プロバイダによるトレーニングの活用が推奨されています。日本ではJSTQBにより、学習用の書籍の認定および研修コースの公認が行われております。

コースの対象者

  • 国際的に通用するソフトウェアテストの手法や技法の基礎知識を身につけたい方
  • ISTQB-FLレベル資格認定取得に取り組まれている方
  • エンタープライズ、組み込みといったドメインに関わらず、開発者、テスト担当者、品質管理担当者、マネージャなど幅広い層が対象です。またユーザ(発注者)の立場として、一般的なソフトウェアテストの知識が必要となっている方も対象となります。

<受験動機>

 

品質管理部門のソフトチーム員として、品質改善の為の次の策を考えて煮詰まっていたのでブレークスルーになることを期待して。

 
メーカー品質管理部門 システムエンジニア
 

一般的なテスト体制や、効果的・効率的なテストの実施方法論を習得するため。

 
SI-er テストエンジニア
 

テストの方法論を身につけ、品質管理に役立てるため。(全て完全に理解していないのと、どう応用するかを考えないといけないので。

 
メーカー開発部門 システムエンジニア
 

品質管理部門のソフトチーム員として、品質改善の為の次の策を考えて煮詰まっていたのでブレークスルーになることを期待して。

 
メーカー品質管理部門 システムエンジニア
 

今後もテストに関わる可能性が高いし、社内品質向上という動きも出ているから。

 
SI-er システムエンジニア
 

どの部署に配属になってもこの知識は役に立ちそうだったから。

 
金融系SI子会社 システムエンジニア
 

社内でのテストの方法論について、体系化を考えているため。

 
メーカー開発部門 技術エキスパート
 

テストに関する知識が開発部署全体に必要だと痛感している。まずは自分が資格を取ることでそれを体現する。

 
SI-er 開発マネージャー

コースの特徴

JSTQB試験対策はもちろんのこと、単なる試験対策に終わらない実務的な講義を豊富に盛り込んでいます。

  • 試験対策に最適!!模擬試験含め合計200問以上収録!!
    -章の確認問題に加え、模擬試験を2セット収録しています。
  • システム構築に欠かせないテストの知識を丁寧に解説
    -テストの重要性やノウハウを順序立てて説明。テストに対する認識が変わります。
  • 国際資格 ISTQBに準拠!!
    -JSTQB-Foundation Level資格取得に必要な知識が身につきます。
 
<コース画面例>

コース画面例

価格

  • ASP版 (eラーニング)
    半年契約(180 日間有効) : ¥38,000 〔41,040円(8%税込価格)〕
    ※5名様以上、ご契約いただいた法人様には、受講者の学習状況を管理できる「学習管理画面」 を
    ご利用いただけます。
    ご契約後に、「学習管理画面」用のID とPW を別途発行させていただきます。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社豆蔵 営業部
E-mail:
電話(直通)03-5339-2136 / FAX 03-5339-2380
〒163-0434 新宿区西新宿2-1-1新宿三井ビル34階