トップ > セミナー・イベント > 組込ソフト品質向上セミナー 「組織・プロセス・インフラの視点で読み解く組込ソフト品質向上への回答 〜力技はNO!海外品質管理センター展開と仕組み作りで乗り切れ〜」

組込ソフト品質向上セミナー 「組織・プロセス・インフラの視点で読み解く組込ソフト品質向上への回答 〜力技はNO!海外品質管理センター展開と仕組み作りで乗り切れ〜」

この度、中国オフショアをご検討されている皆様へ、力技ではない組織化、指標化、仕組み作りに着目、組込ソフトウェアの品質管理としてのあるべき方向と現場での具体的な取り組み方法についてご紹介するセミナーを企画いたしましたので、ご案内いたします。

【セミナー趣旨】
品質が製品へのリスクに大きく跳ね返ってくる組込ソフトウェアにおいて品質向上への取り組み、投資は重要です。しかし安価なオフショアを使った安易なテスタの大量投入、無計画に広げるテストケースなど間違った方向への投資が多数見られています。本セミナーでは力技ではない組織化、指標化、仕組み作りに着目、組込ソフトウェアの品質管理としてのあるべき方向と現場での具体的な取り組み方法に注目します。

【セミナー概要】
品質管理チーム、プロセス設計、テスト設計など品質管理のための環境づくりの方法について事例を元に解説します。また、国内での品質管理チーム作りから海外品質管理チームの展開方法を中国でのQAセンター長経験者が解説します。さらに、ツールを通したテスト管理や自動化の実際についても事例を通して解説してまいります。

【キーワード】

  • ソフトウェア品質管理組織の確立
  • 海外ソフトウェア品質管理組織の構築と運用
  • 海外QAセンター長の解説
  • テストプロセス及びテスト設計の導入と現場への最適化
  • テストの自動化
  • 情報管理の仕組みづくり

 

開催概要

【日程】
 2010年12月9日(木) 13:00-17:00 受付開始 12:30

【会場】
 NOF新宿南口ビル4階 [地図]

【対象者】
 オフショアを推奨している方、オフショア担当者
 品質管理者、品質保証担当者

【定員】
 50名 (事前登録制)
  ※先着順とさせていただきます。予めご了承ください。

【参加費】
 無料

【主催】
 株式会社豆蔵、碼媒卓軟件(上海)有限公司

【協賛】
 日本ヒューレット・パッカード株式会社

【お申込み方法】

以下のお申込みフォームに必要事項をご記入の上、メールにて送信してください。

================ (お申し込みフォーム)=================

メールアドレス: 
メールのタイトル: テストセミナー参加(12/9)

会社名:
部署名:
役 職:
お名前:
E-MAIL:
T E L:
住 所:

===================== (ここまで)=====================


セミナー構成

タイトル/内容 発表者
【第1部】 50分
中国オフショア開発の失敗しない進め方
~テスト工程と品質管理について~

組込みソフトの開発、テストに関して中国へのオフショアが進んできています。既に実施しているが期待した成果が出ていない、これから実施したいが進め方が分からない方向けに今回は、オフショア開発の目的、準備の仕方、実施、オフショア管理、品質管理等のポイントについてテスト工程中心に事例も含めてご紹介します。

株式会社豆蔵
ES事業部 呉 勇
【第2部】 50分
戦略的に品質管理体制を見直す
~オフショアテストセンターの成功事例~

製品ラインの拡大、ソフトウェアの複雑化に伴い品質管理体制の見直しは急務になっています。本セッションでは品質管理体制の見直しにあたり優秀な人材を効率的、効果的に活用する観点からOTC(offshore test center)に着目します。OTCはここ数年オフショアリング分野で注目されており、豊富で優秀な人材を活用する事で品質管理体制を確立するものであります。今回は戦略的なOTCの位置づけ、作り方、成功するためのポイントなどを講演者の経験から事例を通して解説します。

码媒卓软件(上海)有限公司
総経理 湯 勁松
ロゴ
【第3部】 50分
品質マネジメント基盤構築の効果と事例
~「テストとバグ」の「情報共有と見える化」がカギ~

ソフトウェア開発の品質を確保するために、さまざまな方法が提唱され、改善が実践されていますが、最終工程となるシステムテストに関しては、まだ改善に手つかずであることが多くあります。問題を解決しないままの人海戦術の拡充はさらに問題を悪化させます。今回は、「情報共有と見える化」に焦点を当てて、何をどう解決していくのか?を解説します。また、弊社製品を活用した事例もご紹介します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
湯本 剛 氏
ロゴ

 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社豆蔵OSホールディングス 王
E-mail: