トップ > サービス > 組込み関連企業の皆様へ > コンサルティングサービスの概要

コンサルティングサービスの概要

組込みソフトウェアの状況

近年、組込み製品の多機能化・高機能化に伴い、製品の中心がハードウェア制御からソフトウェア制御へ移行してきています。これに伴って、組込みソフトウェアの大規模化・複雑化が進んでいます。また、開発期間の短期化、多機種開発が要求されてきており、この結果、品質の低下、納期遅れ、コストの超過等の課題が発生し、時には、製品の不具合に伴う製品回収など、経営上の大きな問題が起きています。つまり、ソフトウェアの開発力強化・品質向上は、ビジネスおよび経営の課題と位置付け、直ぐに取り組む時代に来ています。

豆蔵の考える組み込みソフトウェア開発の解決策

豆蔵は品質の低下、納期遅れ、コストの超過等の問題を解決するにあたり、「システム/製品の品質は、それを開発・発展させるのに用いられるプロセスに支配される」というプロセス中心の考え方を重要にしています。プロセスとは期待通りの結果を出すために、活動、手順、手法、ツール、人を統合する手段です。

豆蔵の組込みコンサルティングはこのプロセスを中心に、組織/人、技術の3つの視点からバランスよくプロジェクト管理、システムエンジニアリング活動全体の改善を支援しています。

組み込みコンサルティングサービス

「動機付け」では現場への意識付け教育/導入教育の提供、「診断」ではソフトウェア開発活動の実態を把握するためにエンジニアリング技術、CMM/CMMIの観点から観察・診断、「計画立案」では改善戦略・改善計画の策定支援、「改善活動実施」では弊社の知見・経験・ノウハウに基づいた管理プロセス・開発プロセスあるいは再利用型の開発プロセスの定義支援、製品開発の実践経験に基づいたオブジェクト指向技術支援、「組織展開」ではプロジェクトへの支援、展開状況のチェックなどを支援しています。
このようにソフトウェアエンジニアリングを専門とする豆蔵ならではの体系化されたサービスを提供し、お客様にとって価値のある、効果的な支援を行っています。

組み込みコンサルティングサービス全体像

組み込みコンサルティングサービスメニュー

豆蔵の組み込みソフトウェア開発コンサルティング実績

豆蔵は組み込みソフトウェア開発において、オブジェクト指向開発、プロセス改善のコンサルティング実績を多数持っております。またプロジェクト/組織を総合的に診断し、根本的な問題/課題を特定するアセスメントや、この問題/課題に対し事業として利益に結びつくように統合的な組織の改善支援の実績も持っております。

 

組込みシステム関連企業様に対するご支援実績はこちら