モデリング添削講座のご案内

演習問題を通してUMLモデリングスキルの向上を図る講座です。

UMLは表記法を覚えるだけでなく、モデリングのために必要な思考法を身につけて初めて役に立つ技術です。そのような思考法を身につけるためには、多くのタイプの問題にぶつかり、考え方の誤りを指摘されることが不可欠です。しかし、通常の業務の中では多くのタイプの問題に当たることも、誤りを指摘されることもそうそうありません。そのため、モデリングスキルを身につけるには非常に多くの時間を必要とします。

そうした状況に対して、この講座では、モデリングスキル向上に必要な理想の環境を提供します。徹底的に多くの問題を解き、考え方の誤りやモデルの誤りの指摘を受けモデリングスキルが身につきます。

また、この講座は添削型であることも特徴です。
出題→回答→解答配布で終わってしまうモデリング講座が多い中、本講座は受講生が作成したモデルひとつひとつに対して、添削を行います。業務後や週末の空いている時間を利用して、効果的にモデリングスキルを身につけていくことができます。

添削例
モデリング添削講座の詳細

各レベルの概要

レベル 対象範囲 内容 日数 添削サイクル 1サイクル当たりの出題数 合計出題数 費用(税別)
1 問題領域に依存しない問題 UMLの表記法の理解を問う問題 1.5ヵ月~ 3~6サイクル 3問 9~18問 3サイクル60,000円
サイクルの追加は、1サイクル20,000円
2 組込系中心(※) 間違いやすいポイントを含む問題。ダイアグラムを組合わせる問題 3.0ヵ月~ 4~6サイクル 2問 8~12問 4サイクル80,000円
サイクルの追加は、1サイクル20,000円

※業務系の方でも受講可能な内容です

レベル感を確認頂くため、サンプル問題をご用意しております。サンプル問題をご確認される場合は、下記よりご連絡ください。

サンプル問題

ご受講の流れ

流れ図

ご受講までの流れ

お申込み~受講の流れは下記の通りです。

  • 受講お申込み
    受講規約に同意の上、お申込みフォームにてお申込みください。3営業日以内にモデリング添削事務局よりご連絡いたします。
    受講規約

モデリング添削講座お申込みフォーム
※一度のご契約で3名以上同時にお申込みいただく際は、 窓口の方を選定いただけますようお願いしております。

  • 受講案内
    ご注文書受領後、受講スケジュール、受講方法を記載した、受講案内をお送りいたします。
  • 受講開始
    開始日になりましたら、問題をメールいたします。

お問い合わせ、ご要望はこちら