トップ > サービス > 組込み関連企業の皆様へ > ソフトウェア設計可視化および設計改善

ソフトウェア設計可視化および設計改善

仕様書、設計書が不足しているため、ソースコード中心で開発を行っている。仕様変更、機能追加をしようと思っても、設計書がないので、影響範囲がわからず手がつけられないということはありませんか?
オブジェクト指向技術、アーキテクチャ/フレームワーク設計、ソフトウェア設計の豊富な経験をもとにした支援、および現実に起きている不具合より設計の課題を明らかにして課題ベースで設計改善のご支援をいたします。

こんなことでお困りではありませんか

イメージ図

目標達成に向けた全体の進め方 (例)

  • 導入・展開・定着と3Stepでの段階的な進め方をお勧めします
ステップ図

サービスの特徴

  • オブジェクト指向技術の豊富な経験
    ・UMLを用いてソースコードから設計情報を可視化します。
    ・モデルを適度な粒度になるように階層化します。
    ・設計モデルの構造を見直し、設計を改善します。
    ・お客様のご要望に合わせたUMLツールを使用します。(Enterprise Architect、 astah*、IBM Rational Rhapsody など)
    ・アーキテクチャ/フレームワーク設計、ソフトウェアの経験が豊富です。
  • 課題ベースでの進め方
    ・現実に起きている不具合やその分析結果、プロセス課題から設計の課題を明らかにして、リファクタリング、設計の改善方法を決めていていきます。
  • 技術面だけでなく、開発プロセス、人材育成の面からもサポート

提供する関連サービス概要

  • 設計の可視化(リバースエンジニアリング)
    既存コード/業務を可視化して改善を支援します
  • 設計改善およびリファクタリング
    可視化した設計モデルの構造見直しおよびプログラムの改善を支援します
  • アーキテクチャ構築支援
    弊社メンバーが開発に参加し、開発で一番難しいアーキテクチャ設計/フレーワーク設計を支援します
  • 開発支援
    初めて開発する時に、お客様自身だけでは開発がスムーズに進まないことが多々あるため、経験ある弊社メンバーが開発に参加して支援します
  • 管理プロセス改善支援
    オブジェクト指向モデルベース開発を効果的に導入するために、プロジェクト計画、進捗管理、要件管理、構成管理等の管理プロセスの改善を支援します
  • 開発プロセス改善支援
    オブジェクト指向・モデルベース開発を効果的に導入するために、お客様の開発のやり方、組み込みシステムの特性等に合わせて反復型開発プロセスの定義を支援します
  • 人材育成
    オブジェクト指向、UML、設計可視化に関連する一連の教育を提供します