わかるオブジェクト指向

コース名

わかるオブジェクト指向

コース概要

豆蔵トップエンジニアがオブジェクト指向技術のエッセンスを噛み砕いてわかりやすく入門者に伝授いたします。なぜオブジェクト指向が必要とされるようになったのか、その有効性、UMLによる分析や設計と開発プロセスなどの基礎知識が学べます。モデリングとコミュニケーションのためのツールという観点からオブジェクト指向とUMLと反復型プロセスの基本を伝えます。
※ 本コースはUML1.5およびUML2.0どちらにも対応しております。

日数

1日

時間

10:00 ~ 17:00

受講料(税別)
  • オープンコース:45,000円 + 税
  • オンサイト:お見積りいたします。お気軽にお問合せください。
※受講料は予告なく変更・改定になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
対象者
  • オブジェクト指向に関する基本的な考え方・用語・基礎知識を身に付けたいエンジニア・管理者
  • これからオブジェクト指向開発を導入する予定で体系的な入門をしておきたい組織のリーダーやエンジニア
前提条件
  • 特になし(一般のソフトウェア開発に関する基本的な知識ないし経験があると理解が容易になります)。
到達目標
  • オブジェクト指向の基本概念や基礎用語の意味が理解できる。
  • オブジェクト指向やUMLのソフトウェア開発における有用性が説明できる。
  • オブジェクト指向による開発のスタイルが従来のものとどのように違うかイメージが掴める。
講師より

オブジェクト指向に入門したいというすべての方に開かれた講座です。技術的な要素とビジネス的な要素、入門的な要素と実際の開発イメージとをバランスよく配置し、基礎から実際の開発の全体像まで総合的に理解していただけるオリエンテーション(方向付け)コースになっています。これからオブジェクト技術の導入を図りたい・入門したいという組織の開発エンジニアにも、そのリーダー・管理者にも受講していただく価値がある講座です。日常生活に結び付けて「オブジェクト」概念を理解し、イメージを広げて説明能力を高めていただくための楽しい演習をいくつか実施しますが、毎回好評です。

内容

【第1日目】

形式:講義+演習(個人+グループ)

1.なぜオブジェクト指向か

現在のソフトウェア開発においてなぜオブジェクト指向技術が必要とされるかについて学びます。

1) 現在のソフトウェア開発の課題

2) オブジェクト指向への道のり

3) オブジェクト指向の利点

2.オブジェクト指向の基本概念

オブジェクト指向のもとになる考え方・用語と概念を基本から学びます。

1) オブジェクトとは何か?(オブジェクトのもつべき性質)

2) オブジェクト指向の構成要素(クラス、カプセル化、継承、ポリモルフィズム)

3.標準モデリング言語UML

要求・分析・設計のためのモデリング言語UMLの有用性とUMLダイアグラムの概要について学びます。

1) モデリングとオブジェクト指向分析・設計・実装

2) 統一モデリング言語UMLの概要

4.オブジェクト指向開発プロセス

要求とリスクのコントロールを重視した反復型開発プロセスの特徴、従来型開発との相違について学びます。

1) 開発モデル(ウォーターフォールモデル、スパイラルモデル、オブジェクト指向モデルの概要)

2 )開発プロセス(統一プロセスとアジャイルプロセスの概要)

5.オブジェクト指向技術の現在(オプション)

オブジェクト指向開発に付随して知っておくべき関連技術の概要について学びます(オプション)。

1) プログラミング言語、永続化、分散、コンポーネントとフレームワーク、Webサービス、ビジネスモデリング他

※ いくつかの章で、内容の概念理解を深めるための演習を行います。

受講者の声
  • これまでは「オブジェクト指向」と聞くだけで、なんだかとても難しいもののように感じていましたが、今回の講習を受けてそれがなくなり、逆にわかりやすく感じるようになりました。
  • 自分としては開発プロセスについて知らないことが多かったので、今後活用することが出来る役立つ情報が習得できた。より効率的な開発が実現できそう。
  • プログラムを書く時にもすぐにコーディングに入るのではなく、その前にもっと広い視野で考えるべきところを考えて、それからコードを書くことが大切だと気付きました。
  • 非常に役立つと思います。役立たせます!!
  • ユーザー、開発者間のコミュニケーションのためにモデリングが大変有効であることがわかりました。是非 UML を実業務に取り入れたいと思います。
  • 講義による座学のみでなく、自分で考える演習が適度におりまぜられていたので、体感しながら理解を深めることが出来た。
  • オブジェクト指向の開発ではいろいろな概念が出てくるので、これまで曖昧な理解のままになっていましたが、きちんと自分のものとして捉えることができました。