システムズエンジニアリング入門講座

概要

近年、業務系、組込系を問わず、既存システムどうしや、既存システムと新しいシステムとを組み合わせて新しいシステムを作る場面が増えてきています。例えば、顧客管理システム・電子マネーシステムと連動する広告配信システムや、カーナビゲーションシステムとソーシャルネットワークサービスを組み合わせた、パーソナルナビゲーションシステムといったものです。こうした複数のシステムを組み合わせた「超システム(SoS : System-of-Systems)」をいかに作っていくのかをまとめたものをシステムズエンジニアリングといいます。


本講座では、このシステムズエンジニアリングに着目し、システムズエンジニアリングは、これまでのシステムエンジニアリングとどのような点が異なるのか、どのような活動をどのような目的で行うのかについて習得します。特にシステムズエンジニアリングの特徴が大きく出る、システム構想設計、システム設計、システムテストの領域について、重点的に取り上げます。


また、システムズエンジニアリングのための技術であるSysMLについても取り上げます。モデルを活用したシステムズエンジニアリングをMBSE(Model-Based Systems Engineering)といいますがこのMBSEについても、具体的にSysMLの各ダイアグラムをどのタイミングで、どのように活用すれば良いかを習得していきます。


これまで豆蔵がソフトウェアエンジニアリングの現場への導入で培ってきた知見をシステムズエンジニアリング領域に広げた、豆蔵にしかできない講座になっています。


これからシステムズエンジニアリングの領域を強化して行きたいと考えている方は、本講座がお役に立つはずです。

日数

1日

時間

6時間 ( 10:00 ~ 17:00 )

受講料(税別)

オンサイト : 400,000円
※想定受講者数20名。受講者数が20名を超える場合は費用が変わります。

対象者

システムズエンジニアリングの領域に携わる人(システム要件の作成、システム設計の検討等を行う人)

前提条件

システム開発(製品開発)の経験者(ハードウエア開発、ソフトウエア開発は問いません)

到達目標
  • システムズエンジニアリングを行うことのメリットが理解できるようになります。
  • システムズエンジニアリングを構成する各活動の目的/役割、主な実施事項、作業成果物が理解できるようになります。特に、システム構想設計、システム設計、システムテストについて、システムエンジニアリングとの違いが理解できるようになります。
  • システムズエンジニアリングにおけるモデルの活用方法が理解できるようになります。
内容

形式:講義+演習(個人)
1. 本講座の概要:目的と目標
 

2.システムズエンジニアリング活動の全体構成
システムズエンジニアリングの全体像を理解します。
1) 超システムとは
2) システムズエンジニアリングとシステムエンジニアリングの違い
3) システムズエンジニアリングの活動
 

3.システムズエンジニアリングにおける要求・要件
システムズエンジニアリングにおける要求・要件に関する活動を理解します。
1) システムエンジニアリングにおける要求エンジニアリングとの違い
 

4.システムズエンジニアリングにおける設計
システムズエンジニアリングにおける設計に関する活動を理解します。
1) 超システムに対する構想設計とこれまでの構想設計との違い
2) 超システムに対するシステム設計とこれまでのシステム設計との違い
3) 超システムに対する設計の評価とこれまでのシステム設計の評価との違い
 

5.システムズエンジニアリングにおけるテスト活動
システムズエンジニアリング領域でのテスト活動を理解します。
1) 超システムに対するテスト
2) テストレベルごとの違い